歴史部会

令和2年度の取組

 令和2年6月に「中世の傑作 益田を味わう ー地方の時代に輝き再びー」として、益田市が全国で100番目の日本遺産に認定されました。

 これを契機に、歴史部会では、地区の皆さんに益田地区の歴史・文化を知り誇りに感じていただけるよう「益田地区には12の日本遺産構成文化財がある」と題したパンフレット(地図)を作成する事にしました。あわせて、作成したパンフレット(地図)を活用する企画も検討しました。

パンフレット(地図)の作成  

​ 6月の日本遺産認定を受けて、歴史部会員13名が元出版デザイナー齋藤重幸さんの主導の元、取材・編集を行い、約半年かけて完成させました。

 パンフレット(地図)は、12の構成文化財の場所がわかる地図、各構成文化財の写真と説明文、10箇所のビューポイント「日本遺産を体感できるこの場所に立ってみよう!」などで構成されています。

R_歴史部会.jpg
R_歴史部会2.jpg