歴史ある益田に誇りを感じられるように
中世の食再現プロジェクト

 活動紹介 

 平安末期から戦国時代までの400年間、益田を本拠地とした石見最大の武士団が、我が先祖、益田氏です。そのゆかりの料理を通じて、地域の歴史にスポットをあて、地域活性化に取り組み始めて12年が経過しました。

 今や益田市の、益田地区の観光資源のひとつになっています。代表の右田本店の右田隆は、“歴史ある益田に住民が誇りを感じられるように”とこのプロジェクトの更なる、進行、発展を考えています。

 この再現料理の元となった、古文書“益田家文書”は是非、地元のみなさんも、一度ご覧になって欲しいです。今後とも、我々の活動にご理解とご支援賜りますように、宜しくお願い致します。

中世の食2.jpg
中世の食1.jpg
中世の食3.jpeg