若い有志で祭りを盛り上げる
男神輿

 活動紹介 

 11月3日、“七尾祭り” 菅原道真公を偲ぶお祭りで、大行司、小行司の行列が練り歩き、益田公行列、子ども奴と続く、益田地区民を挙げた、地区を代表するお祭りです。

 かつては若い衆が、晒しを巻き、はだかで御輿をひく“はだか御輿”が行われていましたが、諸事情により、中止となりました。そこで、5年前に、益田地区の若い有志が立ち上がり、新たな男御輿を始める事になりました。現在、メンバーも40名程になりました。

 地域のみなさんからも、若い方の活気があり、祭りらしい雰囲気が出て、とても良いと高評価を受けております。今後も、進化しながら、飲み過ぎには注意して、続けて参りたいと思っております。宜しくお願い致します。

DSCN1723.jpeg
IMG_1206.jpeg
IMG_1210.jpeg